自然農法でジャムやピクルスを作っています。かけろまの森生産者の花田さんより

かけろまの森の花田さんから頂いたメッセージです。

 

 

 

 

 

私たちは奄美大島からさらに船で20分ほどの加計呂麻島(かけろまじま)という離島に暮らしています。

 

私たちの住む集落は嘉入(かにゅう)といい、16名の限界集落です。

 

子供は船で対岸の大きな町の小学校に通っています。

 

前は海、後ろは山、車もあまり通らない静かなのどかな環境の良いところだと思っています。

 

私たちはその小さな集落で、農薬、除草剤、化学肥料を使わず、体に害のない作物やジャム作りを営んでいます。

 

 

私事ですが、私は大阪で四人兄弟の末っ子として育ちました。

 

上の三人は姉たちです。

 

若くしての姉たちの大病や不幸、自身の喘息などを経験したことで、農業をしても自然と安全なものを求めるスタイルになりました。

 

 

 

ハイビスカス畑

 

 

 

かけろまの森の農園は集落内に点々とあります。

 

草を生やし、耕さず、雑草の力を生かして、安全な作物を作っていくと言うスタイルです。

 

 

 

 

 

 

 

農薬に弱い西洋ミツバチを飼い、蜜蜂にも農薬は使っていません。

 

畑は緑、花が咲き、蜂が蜜を吸い、蝶が舞う、まるでビオトーブのような姿をしています。

 

肥料は生えた草と、生垣を切った剪定枝などを畑に戻しています。

 

 

 

 

 

 

大農家から比べると本当に小さな農家ですが、ここから加計呂麻島に安全な農業スタイルを、そして、奄美大島にも広げていく事ができたらなあと密かに最近は思っています。

 

 

かけろまの森のジャムやピクルスを気に入って召し上がっていただけたら大変嬉しく思います。

 

どうぞ、素敵な人生を送られることを、遠方から願っております。

 

 

 

 

 

 

かけろまの森 花田誠司

 

 

JUGEMテーマ:食生活

かけろまの森マーサ

JUGEMテーマ:食生活

 

 

かけろまの森マーサは奄美大島の隣の加計呂麻島(かけろまじま)にあります。

 

加計呂麻島は奄美群島国立公園に属する豊かな南国の自然に囲まれ、奄美大島の中でもとりわけ手付かずの自然が残っている島です。

 

どことなく異国情緒の漂う、野生的でかっこいい南国の風景が広がる島です。

 

 

マーサが生まれたのは、人口16人の小さな小さな嘉入(かにゅう)という町。

 

お店のすぐ近くには美しい青い海が、すぐ裏には深い緑の山々が広がります。

 

 

 

鳥と虫の声、蜂の羽音、波の音だけが聞こえる嘉入で、生産者の花田さんは自然の力と共に、農薬も肥料も使用せず南国の果物や椎茸や野菜を育て養蜂を行なっています。

 

台風や天候の脅威にも勝った貴重な作物。

 

一度に収穫して冷凍して加工することも可能ですが、旬の風味を最大限に活かすため、収穫直後にジャムやピクルスにすることがこだわりです。

 

花田さんのお子さんのアトピー治療のために、白砂糖は使わなくなっていたことと、このような力強い作物なので、その力を削がないように無添加で喜界島の島ザラメで煮ています。

 

島ザラメは精製度が低くミネラル成分が残っている砂糖です。

 

使われている材料は、自然農法で栽培された果物や野菜、島ザラメ、有機レモン。

シンプルがいいですね。

 

 

マーサとは島の言葉で「美味しい」という意味。

 

安心で美味しい旬の食べ物をお届けすることで、健康のお手伝いをしたいとの願いで作られています。

 

Little Table 食品 Food カテゴリーへ

 

1